IDEAS home Printed from https://ideas.repec.org/p/hit/iirwps/17-02.html
   My bibliography  Save this paper

「記録」に残されない「記憶」を探る:イノベーション研究のためのオーラル・ヒストリー

Author

Listed:
  • 山口, 翔太郎
  • 金, 東勲

Abstract

本論は、イノベーション研究のためにオーラル・ヒストリーを用いることを想定し、その方法論について纏めたものである。近年になって、社会科学の研究手法の一つとして、オーラル・ヒストリーに注目が集まっている。オーラル・ヒストリーでは、企業の社史や財務資料、政府の公式文書や議事録、あるいは特許や論文といった文字資料には残されていない情報を明らかにすることができる。しかし、実際に理論や仮説の構築のためにオーラル・ヒストリーを用いるうえでは、方法論上の幾つかの固有の問題が生じる。オーラル・ヒストリーの利点を最大限に活用するためには、これらの問題点について理解し、可能な限り対処することが求められる。本論は、単に資料の蓄積や歴史の再構成といった目的でオーラル・ヒストリーを用いるというよりも、理論構築や仮説導出のためにオーラル・ヒストリーをエビデンスの一つとして用いることを想定している。企業家研究などでは、個人のライフストーリーを記述するような伝記的な研究に留まるものも少なくない。しかし、あくまでオーラル・ヒストリーを社会科学におけるエビデンスとして捉えるのであれば、理論的なサンプリング・綿密なインタビューの設計・語りの解釈といったプロセスが必要とされる。また、本論では、オーラル・ヒストリーを用いた実際の研究を幾つか取り上げ、その内容と方法論についてレビューする。それらは企業家研究、政策プロジェクト研究、そして組織慣行の研究である。これらの事例を取り上げることで、オーラル・ヒストリーによってなにを明らかにすることができるのか、イノベーション研究におけるオーラル・ヒストリーでは、どのような点に留意すべきか、ということの示唆が得られるだろう。

Suggested Citation

  • 山口, 翔太郎 & 金, 東勲, 2017. "「記録」に残されない「記憶」を探る:イノベーション研究のためのオーラル・ヒストリー," IIR Working Paper 17-02, Institute of Innovation Research, Hitotsubashi University.
  • Handle: RePEc:hit:iirwps:17-02
    Note: 本稿は、文化庁の委託業務として京都精華大学が実施した平成28 年度「メディア芸術連携促進事業 連携共同事業」である『ゲーム産業生成におけるイノベーションの分野横断的なオーラル・ヒストリー事業』の成果の一部です。, Exploring Memories from Narrative: Methodology of Oral History for Innovation Research
    as

    Download full text from publisher

    File URL: http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/28656/1/070iirWP17-02.pdf
    Download Restriction: no

    More about this item

    NEP fields

    This paper has been announced in the following NEP Reports:

    Statistics

    Access and download statistics

    Corrections

    All material on this site has been provided by the respective publishers and authors. You can help correct errors and omissions. When requesting a correction, please mention this item's handle: RePEc:hit:iirwps:17-02. See general information about how to correct material in RePEc.

    For technical questions regarding this item, or to correct its authors, title, abstract, bibliographic or download information, contact: (Digital Resources Section, Hitotsubashi University Library). General contact details of provider: http://edirc.repec.org/data/iihitjp.html .

    If you have authored this item and are not yet registered with RePEc, we encourage you to do it here. This allows to link your profile to this item. It also allows you to accept potential citations to this item that we are uncertain about.

    We have no references for this item. You can help adding them by using this form .

    If you know of missing items citing this one, you can help us creating those links by adding the relevant references in the same way as above, for each refering item. If you are a registered author of this item, you may also want to check the "citations" tab in your RePEc Author Service profile, as there may be some citations waiting for confirmation.

    Please note that corrections may take a couple of weeks to filter through the various RePEc services.

    IDEAS is a RePEc service hosted by the Research Division of the Federal Reserve Bank of St. Louis . RePEc uses bibliographic data supplied by the respective publishers.